ワキの黒ずみでガッカリした談話(ダディ談)

初春になってくると半袖の女性も増えてくるので、何だか視線がこぶしのサイドにいってしまうが、その時に見てしまうのがお隣にかけだ。こぶしをあげた事などに半袖の余裕からワキが見えてしまうことは良くあるのですが、その時にワキのムダ毛措置をちゃんとしてある女性は好感が持てます。コーデがきちんとしているように思いますし、またこいつがうっかり見てしまったとしても、負い目を感じることがありません。ですが、ワキの措置が手ぬるいのと同時に、見てはいけないものを見てしまった気分になってしまうのが黒ずみだ。殊に女性がノースリーブを着ているような時はこぶしを上げたらワキの部位も思い切り見えてしまいますから、剃り記しや黒ずみになっているような部分は敢然と見えてしまう。見えてしまうことは仕方がないことだと思っていても、ダディー身の回りとしては見てしまってがっかりした気持ちになるのは事実です。ですからワキの部位を綺麗に見せたい時は、ムダ毛措置だけでなく黒ずみ部位もちゃんとしておいてほしいと思います。スキンが綺麗な女子はダディーの目から見ても魅力的ですが、かりにスキンの綺麗な女性でも、黒ずみがあるってそれだけで損をしてしまうと思います。大宮駅ストラッシュ