ワキの黒ずみで恥ずかった書き込み(おばさん談)

夏場が近くなってくると表皮の登場が増えます。半袖も暑い時折、タンクホームやキャミソールなどを一心に愛用しています。以前、常に体躯はキャミソールゼロ枚で近くという試合に出掛けたのですが、列車に乗っていて揺れた瞬間に吊革を掴みました。そのときに前に座っていた男性が、私のワキをしげしげと見ているような気がしてさりげなく自分でワキをチェックしてみると、はっきりとした黒ずみを見つけたのです。すさまじく恥ずかしくなり、間もなく吊革から手段を下ろしたのですが、今までも周囲の誰かに見られていたというという、はなはだ恥ずかしくて抜け出したいほどでした。
そのときから、ワキの黒ずみに関する気がかりを抱えるようになりました。多少なりとも白く透明感のある美しい肌にかけて、毎日のおもてなしを心がけています。美白クリームをワキにたっぷりと付けることによって、保湿効果も期待できますし、しっとりとした潤いのある手触りを実感できるようになりました。
列車内のいたたまれない事象がきっかけとなり、周りの人からの興味が気になるワキの黒ずみの気がかりを解消するために、さまざまな熱中や工夫を重ねています。そうすることによって、自分に自信を持てるようになったと感じています。歯の黄ばみ