ワキの黒ずみで恥ずかった感想(女性談)

アトピー性人肌炎がワキに出ていたシーズンがあったので、当然のようにワキに黒ずみがあります。ぎゅっと学生時代に風習が変化したシーズンもあったのか、ワキから湿疹が出るようになりました。あまりにも力強いかゆみに耐え切れずにかいてしまったので一段と悪化ししてしまい、販売薬で誤魔化そうとしたのが裏目に出て、人肌科に行った時折患部が広く広がって腫れ上がっている加工でした。きつめの薬を処方してもらってすぐに発疹は引いたのですが、代わりに残るのがワキの大きな黒ずみでした。
ワキは制服の夏服や半袖のブラウスやシャツなどで押し隠すこともできますが、夏季の体育の勉学でクラブがあるのが苦痛でした。実習水着の性質上、なかなかワキが見えてしまうのでなるべくワキをあげないように苦心した覚えがあります。泳ぐときも何とも恥ずかしかっただ。当時はヘルスケアに行こうというイマジネーションもなかったので、しげしげと黒ずみの苦痛に耐えるばっかりでしたが、今ではヘルスケアに通ったりビタミンCを飲んでシミ大作をするなど各種スキンのホワイトニングポイントが出来ているので、くよくよ楽しみながら美貌白の針路を追求しています。あきらめなかったおかげで黒ずみも薄くなってきました。http://hekiga.jp/